入れ墨除去完全ガイド

   

入れ墨除去で温泉に入れるようになります

入れ墨除去とは身体の一部の皮膚を刺青がある場所に移したり、レーザーの照射によって刺青を消していくような手術のことを指します。市販の入れ墨除去クリームなどもありますので地力で彫り物を消すことも可能となっていますが、出来るだけキレイに消したいと考えているようなら多少の費用がかかっても、専門的な病院やクリニックで施術を受けたほうがいいとされているのです。入れ墨は基本的に自身の意志で入れるものですが、一度入れてしまったら簡単には消せないというデメリットもありますので、これから身体に和彫りなどの彫り物を入れることを検討している方は将来のことまで見据えて入れるか否かを決定することが推奨されています。簡単に除去できないというだけでなく、プールや温泉などといった半裸や全裸になる場所に刺青が入っている方は行けないというデメリットもありますので、気軽に入れるような真似をせずに熟慮が必要になっているからです。

実際に僕も都内にある専門的なクリニックでかなりの時間がかかりましたが、入れ墨を除去してもらった経験がある一人です。20代の時期に背中や手首、足首や首筋など色々な箇所に刺青を入れていたものの、子供が生まれる前に消してしまいたいと妻と話し合ったのが施術を受けに行くきっかけでした。お金がかかることも時間も必要であることも重々承知していましたが、子供と一緒に海やプール、温泉旅行などに出向けないというのは本当に嫌だったので、恥を忍んでやんちゃだった過去を除去してもらいに行ったという感じです。また将来僕のせいで子供がいじめられてしまうのではないか、親のせいで怖がられる危険性はないかなどの不安も施術を受けにクリニックまで通った理由だと言えるでしょう。
僕の場合はレーザーで消せるものと除去が難しいものがあったので、お尻の皮膚を剥がして背中に移植するという手術を受けることになりました。手首や足首の入れ墨除去はレーザーで出来ると言われたので何度も同じクリニックに通うことが確定的だったのですが、事前カウンセリングの際から担当してくださった先生がとても真剣で、尚且つ親身に接してくれたのでここでなら安心して身を任せられそうだと感じました。特に痛みの無い状態で手術を終わらせるための麻酔の説明に時間を割いてくれたのが、個人的にいい印象を持った要因だったと言えます。実際にその先生に任せたところ、完全にきれいになったとは言えませんがプールや温泉に行ける程度までには入れ墨除去を成功してくださったので、クリニック選びは成功だったのではないかと感じています。ちなみにクリニックの選定には、インターネット上に存在している消費者口コミサイトを参考にさせてもらったという形です。インターネット上の口コミサイトや掲示板も上手に活用すればかなり有効的な参考元になりますので、実体験からの話になってしまいますが非常におすすめです。
本当に入れ墨除去が叶うのかが不安だという方もいらっしゃるでしょうが、僕の場合は人前で半裸や全裸になれる程度まで身体がきれいになりましたので、高確率で入れ墨除去は成功するものと捉えておいてください。最近は外国人観光客の増加の影響で、刺青が入っているような客でも受け付けている温泉や銭湯も増えておりますが、それでも刺青がないほうが圧倒的に温泉旅行の際の選択肢は増えますので本当におすすめです。温泉だけでなく夏場に人目を気にせずシャツ一枚になれる、着替えるときにこそこそする必要がなくなるなどメリットはとても多いと体験談から言えますので、今現在過去に入れてしまった刺青に悩んでいる方は参考にしてくださったら嬉しいです。

レーザー治療 , 入れ墨除去手術 , 美容外科 , 除去クリーム , 麻酔