入れ墨除去完全ガイド

   

入れ墨除去を行ってくれるサロンはあるのか

入れ墨やタトゥーの除去を行ってくれるクリニックについては、聞いたことはあることでしょう。ただ、入れ墨除去を行ってくれるサロンが果たしてあるのかについては気にする人もいます。結論としては、入れ墨を消してくれるサロンはあるにはあります。ただ、こちらの場合はクリニックと比べて思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性がないとも言い切れませんので、注意しておきましょう。
まず、知っておきたいこととしてタトゥー除去を専門とするサロンはレーザー治療のみを提供していることが挙げられます。つまり、クリニックと比較すると治療方法の選択肢が1つしかないという点が挙げられ、大きな難点になることもあります。このデメリットは、皮膚にメスを入れる切除法や削皮法などを恐れている人にとっては、都合が良いと受け取る人も中にはいるのですが時間がかかる点では不便です。手っ取り早く済ませられる切除法や削皮法を選びたいという人にとっては、ネックとなってしまいます。
さらには、そこでレーザー治療を受ける時に注意すべき点として、医療機関で提供されるレーザーと出力が全く異なっている点もデメリットです。こちらは、脱毛などと同じように弱い出力のレーザーを施術部に照射することが特徴になっています。主に出力の弱いレーザーは痛みなどに抵抗感を感じている人に多く選択されやすい傾向がみられるのですが、出力が弱いということは当然ながら破壊力が低いということもいえます。
その結果として起こりがちなのは、長く通っていてもなかなか綺麗になることがなく困ってしまうケースがみられるほか回数が多い分、治療費用も膨らんでしまう場合があるので要注意です。
それから、クリニックと違ってドクターも当然ながらいません。つまり、サロンの場合は万が一トラブルが起こった時により良い対処ができにくいことも難点といえるでしょう。痛みや皮膚トラブルに効果的な軟膏や薬の処方もできませんので、感染症にかかってしまうリスクも発生しがちです。
さらに、入れ墨やタトゥーの除去は除去術が完了したらそれで終わりというわけでもないことも理解しておきましょう。比較的負担の少ないと言われているレーザー治療でも、アフターケアは必須です。これをきちんとしないとトラブルのもとになってしまいやすいです。
アフターケアを必要とする理由はレーザーを照射した箇所は火傷を負っている状態とされています。施術部だけが発赤してしまったり、色素沈着が起こったりといった強い反応を引き起こすこともあります。アフターケアの観点から考えると、特にサロンに通うときには夏場の入れ墨除去は避けた方が良いでしょう。その理由は夏場は紫外線は強く、汗をかき脈や血圧も上がるため、施術部が不安定な状態になりやすいことがいえるためです。逆に冬は除去するのに適している季節と言えます。
そうした安全性の問題やコスト面のデメリットもあり、クリニックで治療を受けておいたほうが多少高くても治療を受けておいたほうがお金がかからないことも多いため、考慮しておきましょう。クリニックとくらべて3分の1の値段で済ませられるメリットはあるものの、万が一のトラブルの場合にはサロンに通うほうが余計にお金がかかってしまうケースが多く精神的なショックも受けてしまいがちです。
それから、もしも入れ墨やタトゥー除去に関して不安があるときにはまずは病院の無料カウンセリングを受けてみることも推奨されます。多彩な選択肢が提供されている美容クリニックでは、カウンセリングを受けることで安く治療できる方法を提案してくれる可能性も低くありません。ですので、まずは医師に相談しておきましょう。

アフターケア , サロン , レーザー治療 , 入れ墨除去手術 , 剥削法 , 単純切除 , 料金 , 期間 , 痛み