刺青除去の最終手段!皮膚移植という方法

トピックス

刺青を入れた後に後悔した時

刺青を入れてしまった方でも、後に後悔をしてしまうことも考えられます。特に若い世代の方は気軽な感覚で刺青をしてしまうことも目立ちますが、社会人になったり、結婚をしたり、子供が生まれるような人生のイベントを迎える中で、元通りに綺麗な肌にしたいと感じることは決して珍しいことではありません。勿論ですが、刺青自体には違法性などは全く無く、国内でもお洒落用として利用をしていたり、音楽好きな方でも気軽に入れている人は大勢存在しています。刺青のデザインや大きさによっては後から後悔してしまう方がいることは事実ですが、それ以外の方はそのまま人生を送るということも決して悪いことではありません。

刺青を消したい時は専門のクリニックを探す

ここで問題になる内容は、後悔をしてしまった方です。このような場合、刺青除去を得意分野にしている病院があります。形成外科、美容外科などをメインにしているものですが、インターネットで調べても簡単に対応している病院を探すことができますよね。このような病院では刺青除去を行う際には、その状態を十分に診察した上で、最適な方法で手術を行っています。

刺青/タトゥーを消したい箇所にレーザーを照射すると、その熱に反応した色素が破壊。すると色素分子が少しずつ体外へ排出されていき、皮膚表面にある刺青/タトゥーの色が薄くなっていきます。

引用元:レーザー除去法

刺青をレーザーで除去する

最もポピュラーなものではレーザーを使うという方法です。良く、シミ取りなどを希望している方が利用している方法と大きな違いはなく、色の濃い部分にレーザーを照射することで、次第に色を消すことができるという仕組みです。レーザーを利用する際には、普通のシミではなく刺青の場合では、当然ながら色が濃い状態でもあるので、1度だけではなく通常は複数回にわたって同じ場所に照射することが求められています。比較的小さな範囲で目立った着色も少ないような刺青の場合では、このレーザー治療でも十分に対応できることが多く、既に数多くの実績を持っている病院も存在しています。ところが、刺青の範囲が広かったり、色の濃さが強いという場合ではこの限りではなく、レーザーで刺青除去することは困難になることもあり得ます。

腕・足などに広範囲に入っているタトゥー(刺青)や、背中全面に入っているタトゥー(刺青)は、通常の切縫だけでは切除しきれません。
こういった場合は、タトゥー(刺青)部分を切除し欠損した部分に、ご自身の健康な皮膚を移植する「皮膚移植術」を行います。
皮膚移植術は主に火傷の治療に用いられる施術方法で、どんな色のタトゥー(刺青)の色にも適応し、1度の治療で完全に除去することができます。

引用元:切縫・皮膚移植によるタトゥー・刺青除去

レーザーで改善しない場合は皮膚移植が最適

一定期間をレーザーで照射しても一向に改善することができないようであれば、最終的な方法として皮膚移植を行うという手術法も利用できます。皮膚移植の場合では大掛かりな手術になりますが、通常では目立たない場所の皮膚を用いることが前提です。背中や腰、脚の裏など目立ちにくい場所の皮膚を切除して、入れ墨の部分をカットした上で移植するという方法になりますが、麻酔を利用しても少なからず痛みを感じてしまうことはあります。それでも刺青を消したいと希望している方にとっては、最終的な判断では非常に効果がある手術方法になるので、特に急いでいる方のケースでは皮膚移植を実施してみることがおすすめになるのではないでしょうか。定着するまでの期間は数ヶ月に及んでしまうことも多いものですが、その期間を我慢さえすれば後に綺麗な素肌を取り戻すことができる方法です。比較的年齢が若い方の事例では皮膚も健康的なので、定着するまでの期間を短くできる可能性も否定できません。人によって刺青の状態は大きく異なっているので、完全に綺麗にできるまでの期間については明確にできないことがありますが、皮膚移植を選択すると結論としてどのような刺青でも綺麗に元通りにすることは決して不可能ではありません。多少の傷は残ってしまうという可能性もありますが、それでも目立つ刺青を消すための手段としてはかなり有効です。既に年齢がある程度に達してしまい、半ば諦めてしまっている方もいるのでしょうが、形成外科では常に新しい環境を用意していて、刺青除去でも例外ではありません。諦めずに専門にしている病院を見つけて皮膚移植を行う方法を選択すると、これまでの不具合を一気に解消することができるでしょう。

 

最終更新日

タイトルとURLをコピーしました