入れ墨除去完全ガイド

   

薄い色の入れ墨除去に役立つピコレーザー

最近は一般の人もファッション感覚で入れ墨やタトゥーを入れることが増えています。とはいえ、メイクのようにすぐに消えるわけではなく、一度入れてしまうといつまでも肌に残ることになります。
入れ墨があることで偏見の目で見られてしまう、就職の際に不利になる、温泉やプールを楽しめないなどの理由から入れ墨除去を選ぶ人も少なくありません。
最近は美容外科などでもこうした施術を行うクリニックは増えています。除去方法としては、小さなものであればその部分の皮膚を切り取り、きれいに縫い合わせることで完全に消すことができます。
黒などの単色の場合はレーザーが効果的で、この方法であれば皮膚を切らずに入れ墨を目立たなくできるのがメリットです。
さらに、広範囲の場合は切除は難しいので、その部分の皮膚の表面を剥離する、皮膚移植を行うなどで対処していきます。
最近の流行ではカラフルなカラーを使う傾向にありますが、明るい色や薄い色の場合は通常のレーザーでは反応させることは困難です。それゆえ、別の方法を選ぶ必要もありますが、できることなら皮膚は切りたくないと考えている人は多いのではないでしょうか。
レーザー治療も日々進化しており、現在ではカラフルな色にも反応できる施術が登場しています。特にピコレーザーは注目されている治療で医療機関でも取り入れるところが増えてきました。
この治療は入れ墨除去だけではなく、シミやそばかす、しわなどの治療にも活用されています。ピコレーザーは微細な粒子の破壊を可能としており、ピコ秒だけレーザーを照射できるので肌に負担が少ないことでも人気です。
色素を破壊することができるので、シミやそばかすの改善に役立ちますし、真皮を刺激することでコラーゲンなどの美肌成分の生成を促進する効果も期待できます。さらになかなか消えないニキビ跡や毛穴の開きにも良い効果を発揮してくれます。
タトゥーや入れ墨への効果も確認しておきたいですが、きれいに消すためには肌に注入された色素を破壊する必要があります。従来の入れ墨除去で使われていたレーザーは色素に熱を当てて破壊するものですが、黒い色にしか反応せず破壊する際の粒子が大きいこともあり、なかなか消えないという問題もありました。
その点、ピコレーザーは明るいカラフルな色にも反応しますので、肌を切らずに取り除きたいという人にもぴったりの施術です。
一度の照射で消えるわけではありませんが、回数を重ねるごとに薄くなり、目立たなくなっていきます。次の照射までのダウンタイムが短く済むのもこの治療の良いところと言えるでしょう。
ピコレーザーにはフラクショナルとトーニングがありますが、トーニングはよりパワーが弱く、どちらかというと毛穴やしみ、そばかすの改善に役立つ美肌治療に役立てられています。
入れ墨を消す目的であれば、よりパワーの強いフラクショナルを選ぶことになります。回数にも違いがあり、トーニングの場合は少ない回数で済みますが、入れ墨除去にはより長く通う必要あることは理解しておきましょう。
実際に治療を受ける際は痛みがどれぐらいかも気になるところですが、ピコレーザーの場合はゴムではじかれる程度の痛みと言われています。痛みが少ない施術としても知られていますが、入れ墨除去のように高出力での照射が必要な場合はより痛みが強くなる可能性があります。
痛みをより抑えるためには麻酔も検討したいところです。入れ墨やタトゥーをとる目的であれば、痛みが強くなる傾向にあるので、部分麻酔や麻酔クリームなどの対応も行われていますので、痛みが苦手という人は相談してみると良いでしょう。
そして照射後のアイシングをしっかりと行うことも痛みを抑えるのに役立ちます。

トーニング , ピコレーザー , フラクショナル , レーザー治療 , 植皮法 , 痛み , 除去手術